便秘が原因で死亡した少女のニュースにショックを受ける女性

今回は便秘が原因で亡くなった、ある女性のお話を紹介します。
便秘の症状は、腹痛、吐き気、腰痛など様々ですが、死亡、大腸ガンなどの話を聞くのは本当にショックです。

死亡する2ヶ月前から便秘

イギリスの少女(16歳)が死亡したことがニュースで取り上げられ、瞬く間に世界中で話題となりました。
なぜならその原因が、便秘だったからです。

報道によると、少女は自閉症を患っていました。
トイレ(個室)に行くのが怖いと言って聞かず、なんと8週間もの間、ほとんどトイレに行かない状態が続いていました。

どんどん膨れ上がる少女のお腹に、家族も大変心配したでしょう。
少女の両親は病院に行くように何度も少女を説得しました。
しかし、少女はそれを拒否。

自閉症の少女にとって便秘のことで医者と話すことなど、とても考えられなかったのです。

死亡当日。娘の変わり果てた姿

そんな日々が続いていたある日のこと。
とうとう最悪の事件は起きてしまいました。

お風呂に入った少女がなかなか出てこないのです。

普段であれば、20~30分程度でお風呂から上がってリビングに来るのに、一向に戻ってきません。
年頃の娘だから長風呂することもあるだろうと思いつつも、娘の体調不良の件もあって、両親は心配で堪らなくなりました。
しかし、デリケートな娘のため、入浴中のお風呂場を確認するなど、酷く怒らせるだろうと思いなかなか重い腰を上げることが出来ませんでした。

それでも、いつものようにリビングに戻ってこない娘の事がどうしても心配になり、とうとう母親は様子を見に行きました。

そして、母親がそこで見たものは…。
お風呂場に横たわる、愛しの娘でした。

すぐに救急車を呼びました。

音を立てて流れるシャワーを止め、お風呂場から引きずり出した娘の体を拭き、異常に膨れ上がった下腹部をさすりながら神に祈りました。
数分後に救急隊員が来て、病院に急ぎました。

しかし、結局その少女は、死亡という最悪の結末を迎えてしまいました。

大腸が膨らみ心臓を圧迫して死亡

死亡解剖の結果、2ヶ月もの間、宿便を溜め込んでいた少女の本当の死因が明らかになりました。

便が溜まって大腸が膨らみ、膨らんだ大腸が胸の方まで圧迫していたのです。
そして、大腸に圧迫された臓器は、いつの間にか元の位置から大きく逸脱していました。
その結果、心臓発作が引き起されたと解明されています。

1週間の便秘でも目に見えて分かるくらいお腹がぽっこりと張るのに、2ヶ月も溜め込むとどうなるか、皆さんは想像できますか?

救急隊員は最初に少女を見たときに出産間近の妊婦と勘違いしました。
それくらい大きく異常なほど膨れ上がるのです。

お腹が膨れるということは、当然お腹の中にある内臓も大きく膨れ上がり、正常に機能できなくなります。
最悪の場合、今回のように周りの臓器にも影響を与えて、死亡という結末を迎えることもあります。

今や女性の半数以上が悩みを抱える便秘です。
このありふれた症状がこのような結果を招いたことに、世界中でもショッキングなニュースとして取り上げられています。

本気で取り組めば解消できる症状なだけに、死亡というニュースは悔やまれてなりません。

管理人のコメント

便秘は体内に溜まった便を排出できない状態です。
当然、便が溜まれば大腸は膨らみます。
数日間の便秘でも下腹部がぽっこり出てしまうのが、その証拠ですね。

数日の便秘ならまだしも、それが長期となると体への悪影響は計り知れません。
宿便はしっかり出さないと思いもよらぬ結果を招くことがあるのです。

特に女性は慢性的な便秘持ちが多いです。
排便できていない状態が当たり前になっているとしたら、それは黄色信号です。

お肌のケアや体重に気を配るのと同じように、お通じのことにも気を配って腸内環境を整えましょう。
食生活の改善、サプリメント、健康食品、運動、マッサージ、何でも構いません。
ご自身に合った解消法で体のメンテナンスを行って下さい。

そんな簡単に死亡することは無いとしても、腹痛、吐き気、お腹の張りなど、生活に支障が出るような症状の芽は解消しておくに越したことはありませんからね。

日本人女性が便秘で死亡した記事はコチラ


便秘を即効解消するサプリメント・健康食品ランキング!

スポンサーリンク