流行のインフルエンザによる高熱や治療薬の副作用が原因で排便困難になった子供

冬が近づくとインフルエンザのニュースを見聞きする機会が増えますが、皆さんの体調はいかがでしょうか?

インフルエンザは周りの人が1人でも罹患すると瞬く間に感染して大混乱を引き起こします。
(私が学生の頃は、不謹慎ながら休校を期待していたこともありますが…(苦笑))

そんなインフルエンザですが、便秘と乳酸菌に密接な関係があることをご存知でしょうか?

今回はその関係性についてご紹介します。


インフルエンザとは

インフルエンザ(略称・インフル)は、急性感染症の一つで、冬季(寒くて乾燥しやすい時期)に流行しやすい疾病です。

疑わしきは病院(内科)へ

インフルエンザに罹患しているかどうかの確認方法ですが、個人では判断できないので病院(内科)で診察を受けましょう。

病院での検査は、鼻の中を診察されることになります。
検査の為に鼻の中を綿棒で弄られるため、少々くすぐったさや痛さを感じることあります。

(反射的に身体が動いてしまいそうになりますが、ここはグッと堪えましょう)

検査の結果、鼻の中に大量の雑菌が確認されると陽性(インフルエンザ)と診断されます。
発症すると倦怠感や悪寒を感じるようになり、38度を超える高熱に苦しめられます。

主な感染経路

主な感染経路は、くしゃみや堰(せき)を始めとする飛沫感染(ひまつかんせん)です。

人混みや隔離された空間(電車、学校、職場など)では感染率が高まるため、不特定多数の人が集まる場所に行く時はマスクをするなど予防策を講じることが大切です。

感染してしまった場合は、なるべく人が集まる場所へは行かないようにして自宅療養しましょう。

インフルエンザとお通じの関係

それではいよいよ、お通じとインフルエンザの関係についてです。

感染後に、お通じの悩みを口にする人がいますが、それは何故なのでしょうか。

インフルエンザの症状とお通じの関係

インフルエンザの症状は様々ですが、主な症状はやはり高熱です。

発熱すると大量に汗をかくため脱水症状を起こしやすくなります。
脱水症状を起こすと腸内の水分も損なわれるため、便が硬くなり排便が難しくなります。

また、感染時は身体だけでなく腸内(胃腸)の働きも弱まるため、排泄を促す大腸の働きが鈍くなります。

さらに身体が弱っている状態だと、食事や水分補給が普段通りにできないため、症状に拍車を掛けることも懸念されます。

インフルエンザの薬とお通じの関係

インフルエンザの症状だけでなく、治療薬が便秘を引き起こす可能性があります。

インフルエンザの薬には、抗ヒスタミン系成分(主に鼻水を止めるのに有効)やリン酸コデイン、リン酸ジヒドロコデイン(脳の咳中枢に作用して、咳を鎮めて痛みを和らげる成分)が配合されています。

これらは、インフルエンザの症状を改善するのには有効ですが、それと引き換えに便秘を引き起こす副作用を孕んでいるのです。

これらの成分に共通しているのは、「消化器官の働きを抑制する」効果があるということです。

消化器官の働きを抑制すると鼻水が出るのを抑える効果が期待できるのですが、同時に排泄能力も著しく低下させてしまいます。

インフルエンザに限らず風邪薬を飲むと、便が硬くなったり数日間便意がなくなることがありますが、それはこの副作用が引き起こしいてる症状なのです。

インフルエンザと風邪の症状は似ていますが、インフルエンザは急速に発熱や悪寒の症状が出るので、「じわじわ発症する」風邪とは症状の現われ方が異なります。

また、インフルエンザに罹ると酷い関節痛や腹痛、下痢といった胃腸系の症状を伴う事もしばしばあります。

宿便がインフルエンザを誘発?!

体内に滞留した便は、腸内をガス(おなら)で充満させます。

ガスはインフルエンザを優勢にする悪玉菌を繁殖させる原因となります。
そして、優勢となった悪玉菌は身体の免疫力を低下させて、インフルエンザを始めとした病気に罹りやすくします。

また、慢性的な便秘はインフルエンザだけでなく精神的な疾患である、気分障害(うつ病)や発ガンのリスクも高めます。

最悪の場合、大腸がんや腸閉塞になる可能性もあるので、体調の異変を感じた場合は治療だけでなく、便秘解消を行い善玉菌を優勢にした方が良いです。

インフルエンザに罹った時の食事

インフルエンザに罹ってしまった時は、消化に悪い食事は控えましょう。
消化に悪い食事は身体に負担を掛けるだけでなく、便秘を悪化させる可能性があります。

消化に良い食べ物といえば、うどんやおかゆですね。
ただし、これらの食品には食物繊維が少ないため、野菜やきのこ類をトッピングして栄養素を高めましょう。

野菜なら「ごぼう、人参、大根、きゃべつ、たまねぎ」、きのこ類なら「しいたけ、しめじ、えのきたけ」をおすすめします。
おかゆの場合は、食べやすくなるようにこれらの食材を細かく刻んで入れましょう。

その他には、善玉菌を含有している食品がおすすめです。
ヨーグルトであれば、食欲がなくても食べられるので、積極的に摂取して腸内フローラを充実させてましょう。

腸内の善玉菌が増えれば、体の免疫力向上や便通改善などの効果が期待できます。
また、乳酸菌にはインフルエンザを予防する効果があります。

(ニュース番組でも数多く取り上げられていますが、佐賀県有田市の小中学生1900人余りにヨーグルトを半年間飲み続けてもらったところ、インフルエンザの罹患率が佐賀県全体の小中学生の100分の1まで低下したというデータがあります)



まとめ

インフルエンザで便秘になる原因と対策は以下の3点です。

  • 【原因】
    発熱に伴う脱水症状により、腸内の水分が失われて便が硬く排便し辛くなる。
  • 【対策】
    脱水症状改善のために水分補給をしましょう。
    ミネラルウォーターでも良いですが、ポカリスエットやスポーツドリンクなどの吸収率の高いドリンクがお勧めです。
    また、ミネラルウォーターでは摂取できないミネラル等の栄養素が優れいている点もお勧めする理由です。

  • 【原因】
    体が衰弱して、腸内(胃腸)の働きが弱くなるために、排泄を促す蠕動(ぜんどう)運動が鈍くなる。
  • 【対策】
    積極的に乳酸菌や食物繊維を摂ることで、腸内活動を活性化させて、蠕動(ぜんどう)運動を促しましょう。
    乳酸菌はインフルエンザを予防する効果もあるので特にお勧めします。

  • 【原因】
    薬の副作用により、排泄能力が低下する。
  • 【対策】
    副作用と言っても薬を服用している間の一時的な症状のため、薬を飲み終われば自然と排泄能力は戻ります。
    薬を服用している最中で、どうしても辛い場合は、上記の【対策】を実践してみてください。



原因と対策を3点上げましたが、この中でも特にお勧めしたいのが乳酸菌を摂取する方法です。

上述していますが、乳酸菌は便秘の解消だけでなくインフルエンザを予防する効果も兼ね備えています。
インフルエンザは自分だけでなく大切な家族の健康まで脅かす存在ですから、便秘に関わらず予防したいですからね。



最後に

インフルエンザとお通じの関係性を紹介しましたが、いかがでしたか?
高熱による脱水症状や薬の副作用など、インフルエンザにはお通じを悪くする罠が沢山あるということをご理解いただけたと思います。

そうならないために、まずはマスクや手洗いうがい、乳酸菌の摂取など基本動作を徹底して、インフルエンザに罹らないように心がけましょう。

それでも罹ってしまった方は、水分補給、消化に良い食べ物を積極的に摂る事をおすすめします。
食事の中で、食物繊維や乳酸菌を摂れれば、体力回復とお通じ改善が期待できるので尚良いです。

冬はインフルエンザが流行する時期ですので、体調管理に気をつけてお大事にしてください。

⇒ 便秘を即効解消するサプリメント・健康食品ランキング!