マンションの大規模修繕からくるストレスで便秘になったが、自然派ケアで便秘を解消した猫

【40代女性 主婦】飼い猫の便秘体験談

8歳になる猫とマンションで暮らしています。
そのペットの猫が便秘になってしまったときの話です。

マンションの大規模修繕によるストレス

うちの猫ですが、マンションの大規模修繕の際に、工事の大きな音や足場が組まれたことで外が見えなくなったストレスにより、便秘になってしまいました。

普段は便通がよく、毎日排便していました。

しかし、食べる量は変わらないのに2日に1度、3日に1度と排便の間隔が長くなり、いざトイレに入ってもちょっとした音でビクッとしてしまって用を足さずに出てしまうという事が多々ありました。

排便できないため、嘔吐の回数が増えてしまったように感じます。
毛玉を吐く程度なら良いのですが、さすがに心配になったので、積極的なケアを始めました。

愛猫の腸内環境ケア

まずは、食物繊維を摂らせるという方法を考えましたが、好き嫌いが激しく決まったご飯以外は受け付けないため、これは失敗に終わりました。

次に乳酸菌入りのキャットフードを摂らせるという方法に出ましたが、これは味や匂いが好みだったのか喜んで食べたものの、あまり効果が見られませんでした。

そこで、精神的な負担を緩和するという方向にシフトし、リラックス効果の高いペット向けのハーブサプリメントを与えました。
錠剤タイプよりも液状タイプの方が与えやすく、吸収も良いため、グリセリンでハーブエキスを抽出したものを舐めさせたところ、効果覿面でした。

症状の改善

まず、ハーブの効果でリラックスできたという点が良かったと思います。

多少の音にもビクビクしなくなり、いつも通り、のんびりとした姿を見ることができるようになりました。
さらに、グリセリンは便通を良くする働きがあるので、これを舐めたことで排便が促されたと考えています。

ハーブのケアは本当に効果があるのか、いまひとつ半信半疑ではありましたが、しっかりとした効果を感じることができ、薬に頼らない自然なケアを知ることができて安心しています。

また、ウェットタイプのご飯をあげる際に、オリーブオイルを少し掛けても同様にお通じが改善されました。

管理人のコメント(猫の便秘について)

工事の音は人間でもストレスを感じるのに、猫のような小動物だとストレスの感じ方が一段と大きいように思います。
様々なケアお疲れ様でした。

精神的な負担を軽減してからの便秘解消という対応に感心しました。

看護・介護系のお仕事経験があるのでしょうか。
これからも変わらぬ愛情を注いであげてください。


⇒ 猫の便秘の症状・原因・解消法については、コチラの記事をご参照ください。



シンプリーキャットフード
腸内環境を整える「食物繊維」「オリゴ糖」をしっかり配合!
美味しさを追求して、原材料の53%がサーモンのキャットフードです。
着色料、香料などの添加物を一切使用していないので安心安全!
高タンパク&低カロリーなので、愛猫の寿命をサポートします。
グルコサミンやコンドロイチンなどの健康成分をしっかり配合しているのもシンプリーの特徴です。


⇒ amazonおすすめの「猫の便秘療養食」はコチラ