ぽっこりお腹で苦い体験をした便秘あるあるに共感する男女

好評連載中の便秘あるある第3段です。
今回も便秘の代表的な症状を取り上げました。

それは、「お腹の張り」です。
お腹が張ってるせいで、好きな服を着れなかったり、肥満や妊婦と誤解されてしまうことも。

また、「出そう! …あれ、さっきの便意は?」というやりきれない瞬間をトイレの中で経験された方もきっといるのではないでしょうか。

そんな共感を覚えるネタを中心にご用意しました。
それでは、ごゆるりとお楽しみ下さい。



  • いつもお腹が出ている。
  • お腹が張ってくるとワンピースを着る。
  • お腹が張っているだけなのに、「妊婦さんですか?」と間違われた。
  • ボトムスを買う時、足までは入るが、ぽっこりお腹で苦しい時がある為、ストレッチが効くボトムスを選ぶようにしている。
  • 胸よりお腹が出ているのが悲しい。
  • 胃下垂並にお腹が出ている。
  • 補正下着を着ると下っ腹が苦しく、脱ぐと下着の痕がつく。
  • 下っ腹を押さえると便が詰まってるのが分かる。
  • 体は痩せているのに、ぽっこりお腹が気になるので、水着はお腹を隠せるものにしている。
  • 健康診断の時は限界までお腹を引っ込める。
  • レントゲンを撮った時、黒い影が!! その正体が大便だと分かったときの恥ずかしさと言ったら…。
  • 排泄できた時は、嬉しくて体重計に乗ってみる。
  • 先ほどの便意はいずこへ。
  • 便意はあるのに、トイレに行くと出ない。
  • 旅行先で訪れる便意。
  • たまに、出た! と思えば意外と小粒。
  • お腹に手を突っ込んで直接腸を掴んで絞り出したい。
  • 結構頑張って踏ん張り、全部出た! と思っても4分の3は腸に残ってる。
  • 便器に座るまで便秘だと忘れている。
  • 1週間溜め込むと、出すときは難産。そして、切れ痔という帝王切開のオマケつき。


女性にとってはやはりこのお腹の張りは気になりますよね。
可愛い服を着ても、ダイエットで頑張って痩せても、ぽっこりお腹が体型に出てしまうのは辛いものです。

また、私の知り合いなんですけど、電車で妊婦さんと間違われて席を譲られたという話を聞いたときは驚いたものです。
お腹の張りも行き過ぎると妊婦さんレベルになるということですね。
そこまで行くと、もう排泄することすら怖い…(苦笑)

やはり、腸内のケアは日ごろから行うに限ります。
普段の食事を便秘に効く食べ物に変えるなど、日常生活を一工夫して便意を促すことが大切です!

健康と美容のために快便スリムボディを目指しましょう!



善玉菌のチカラで毎朝すっきり
フジッコがお届けする乳酸菌サプリメントです。
カスピ海ヨーグルトの乳酸菌を1粒に20億個以上を凝縮!
1日あたり35円のハイコストパフォーマンスを実現!