母乳不足が原因でうんちの調子がおかしくなった生後1か月の赤ちゃん

【30代女性 アケミさん】の体験談

赤ちゃんが生まれて、我が家にやって来てから1か月。

いつものようにおむつを外すと、普段ならそこにあるはずのウンチがありませんでした。
おむつ替えの度にウンチをしているような子だったのに…。

少し心配しすぎたかな?

始めは少し心配しましたが、本人はいたって元気な様子。
いつも通りおっぱいをたっぷり飲み、すやすやと寝てしまいました。

その時は、そうそう毎回必ず出るとも限らないと思い直し、そんなに気には止めることはありませんでした。

そしてそのすぐ後、寝ながらブリブリっと元気にウンチしてくれたので一安心しました。
  

いつものウンチと違う…!

しかし、よく見てみると、そのウンチは量が少なくて、ポソポソしていたのです。
黄色くてトロトロしていないことにまた不安になりました。

でも、うちの子は元気に手足をバタバタして機嫌も良さそうにしています。
「機嫌良くおっぱいを飲むようなら心配ない」という育児書の言葉を信じ、その日は様子を見ることにしました。

しかし次の日。
お腹を丸めて、「う~ん。う~ん」と身をよじり、ウンチは少しだけ。しかも1回のみ。

6、7回していたのが1回になったことにはさすがに焦り、すぐにネットで検索しました。

母乳不足が原因?

改善策として検索結果で多かったのは「砂糖水」と「綿棒で浣腸」でした。
綿棒の浣腸はママ友からも聞いたことがあったので、早速試してみることにしました。

綿棒にベビーローションを塗り、お尻の穴へ。
しかしやり方が間違っているのか、1日1、2回のウンチが3日ほど続きました。

おっぱいはよく飲み元気な様子でしたが、お腹は少しずつ張ってきて、うなる回数も増えたように思います。

何か他の方法はないかと探したら、「母乳不足も便秘の原因になる」という情報を知り、毎回時間を決めてあげていたおっぱいを飲みたいだけ飲ませてみることにしました。

すると、ある日
「ビリビリブリブリ~っ」
と、勢いよくウンチが出てきました!

今まで出し切らなかった分を一気に出したかのような量と音に驚きましたが、それ以上にホッとしました。

そして、うちの子は母乳不足だったのかとすごく反省しました。

それからはおっぱいを飲みながら毎日いっぱい出してくれるようになったので、安心して育児を楽しんでいます。




お通じの調子が元に戻って安心しましたね。

食べる量が増えると便の量も増えるように、赤ちゃんの場合は、飲んだ母乳の量がウンチの量に直結します。

母乳が少ないとウンチの量的に排泄できないことがありますので、赤ちゃんが普段からどれくらい飲んでいるかはしっかりと把握しておきましょう。



カイテキオリゴ
モンドセレクション4年連続最高金賞!
有名雑誌でも紹介されている、売り上げ日本一のオリゴ糖食品です。
ほぼ純度100%なので妊娠中の女性(妊婦)や赤ちゃんも安心して召し上がれます。