うんちが出なくて過保護になっていたけれど、気が付けばちゃんと出るようになっていた赤ちゃん

【30代女性 カナさん】の体験談

私の子どもは、生まれて間もない頃からよく便秘なっていました。
1日出てないと「出なかったなぁ」と心配になり、少し神経質にもなっていました。

綿棒で肛門を刺激!

インターネットで調べて、赤ちゃんの便秘には肛門を綿棒で刺激してあげると良いことを知り実際に試してみました。
綿棒にオイルを塗り、滑りを良くしてからツンツンと刺激します。

その結果うんちがスムーズに出たこともありましたが、あくまで一時的な効果しか得られませんでした。

また、私の中で何度も綿棒刺激の方法を使っていると、綿棒に頼らなければうんちが出なくなってしまうのではないかという心配もありました。

心配になり小児科へ

小児科へ行ったこともあります。

そこの小児科では「マルツエキス」という麦芽糖のスティックを処方してもらいました。
「マルツエキス」は、はちみつのようにドロドロしていて、とても甘い食品です。

麦芽糖の成分でうんちを柔らかくして排便しやすくするのです。
副作用もほぼなく、赤ちゃんに問題なく使えると聞いて安心して与えることができました。

この「マルツエキス」は長い目でみて使うものらしく大量に処方してもらいました。

しかし、しばらく使って見ましたが効果はほとんど感じられず、ガッカリしたのを覚えています。

気が付けばいつの間にか

その他にはりんごを擦って与えたり様々な方法を試してみましたが、どの方法もこれといって大きな効果は感じられませんでした。

うんちの出が悪くなってくると、結局仕方なく、綿棒で刺激して出すようにしていました。

しかし、いつの頃からか便秘になる頻度が減って快調にうんちが出るようになりました。
悩んでいたことも忘れてしまうくらいに。

小さな子どもが便秘になると苦しくて可哀想だし、親としてはとても心配になりますが、私の体験上あまり過剰に心配することもないのかなと思いました。
今だから言えることで、当時の私に言ってもきっと聞かないでしょうけど(笑)



自然と排便できるようになって良かったです。

母親としては、赤ちゃんの体調に異変があるとすごく神経質になってしまいますよね。
でも、子供って親が思ってるよりもたくましくて、自然とぐんぐん成長するものです。

過保護になりすぎないように、これからも可愛い我が子を見守ってあげてください。



カイテキオリゴ
モンドセレクション4年連続最高金賞!
有名雑誌でも紹介されている、売り上げ日本一のオリゴ糖食品です。
ほぼ純度100%なので妊娠中の女性(妊婦)や赤ちゃんも安心して召し上がれます。